今は予防歯科がメインです

女医

歯医者に行くのは虫歯や歯周病にかかった人というのは、もはや古い考え方です。いま世界で最先端なのは「予防歯科」で、歯を常に正常に清潔に保つために定期的に歯医者に通うのが当たり前の時代となりました。歯の病気予防と言えば歯磨きですが、例え毎日歯を磨いていても虫歯や歯周病を防げるとは限りません。口の中の状態は常に変化し、年齢によっても環境はどんどん変化していきますから、常に自分で磨いていれば大丈夫とは言えないのです。トラブルを起こす細菌は無数にいるため、病気が発生する場合さまざまな要素が関係します。リスクや病気の原因がどこかに潜んでいないか、状態を確認するには3か月から6か月単位で歯科医師の定期的なチェックが必要です。四日市には一人ひとりに合うメンテナンスを実施できる歯科医院がたくさんあります。適切な方法は一人ひとり異なるため、自分に合う効果的な予防法がわかることが一番のメリットです。

きちんと予約を取って診てもらいましょう

診療室

はじめての歯医者は多少不安があるのも事実ですが、今はインターネットでどんな治療を受けられるか調べられるようになったため、昔に比べて安心感が大きくなりました。四日市の歯医者で検索すればたくさんヒットしますので、まずは調べてみるのがおすすめです。治療が必要になった場合、1回で終わることはほぼありませんので、通いやすい場所にある歯医者を選ぶのが鉄則です。かかりつけ歯科医ができればとても安心ですし、定期検診を受ければ予防歯科の成功率がぐんとアップします。家や職場からの距離や受診できる時間、診療日をトータルで考えて、ちゃんと通うことができる歯科医院を選んでください。また、歯医者は基本的に予約制です。強い痛みが出てしまったら急患になることもありますが、自分勝手な都合を押し付けず、きちんと電話などで予約するのがマナーです。もちろん、無断キャンセルや遅刻などは最悪のルール違反ですのでやってはいけません。

気持ちよく診てもらえる患者になりましょう

歯科治療

四日市の歯医者に限らず安心してスムーズな治療を受けるためには、患者側にも守るべきマナーがあります。先ほど無断キャンセルなどは言語道断なことを書きましたが、どうしても予約を変えたい場合は早く電話連絡をしてください。受診する際、メイクはしないことが最低限のマナーで、口紅などはきちんと取って受診しましょう。正しい状態を観察してもらうためにも、行く前には歯磨きをして、汚れが付着していない状態にしてください。また、歯を削るような治療中は当然のことながら、口の中をチェックしてもらうときにも動かないことが鉄則です。歯石を取る器具であっても鋭利な器具が多いので、不用意に動くと大きなケガにつながりとても危険です。マナーを守るよい患者は、歯科医師にも気持ちよく診てもらえますし、細かな部分も診察しやすくなります。結果的に最適な予防歯科が可能となり、口の中のトラブルで痛い思いをせずに健康を保つことができるでしょう。

広告募集中